2012年 04月 07日 ( 1 )

仲間を見送った春

a0220537_16411952.jpg

                 暖かい地方から 桜 便りが届き始めています
                   まだまだ硬い蕾みの桜並木の続く五十公野公園の升潟
                ここに怪我で飛ぶことができず、10年以上住んでいるオオハクチョウが居ます
                  仲間の北帰行を今年も見送りました
                    又しばらくひとりぽっちに・・・
                ふたたび仲間が戻る日まで夏のあつさにも耐えて過ごすのです

a0220537_16582389.jpg

                 公園を訪れる度に離れた場所に過ごす様子を確認
                   元気な姿を見つけるとほっとするのです、

                  この白鳥を見守る市民の一人の方が
                    「駒ちゃんは片翼のオオハクチョウ」のタイトルで
                    児童向けの本として出版されました
                  ハンディーを乗り越え長生きする駒ちゃんが物語の主人公になったのです
                    体調のすぐれないご主人と時折訪れ
                    「駒ちゃん」と触れ合っていた夫妻でしたが
                    出版を楽しみにしていたご主人は急死されました、
                    「駒ちゃん」のけなげな姿にご主人の居ないこれからの人生を受け入れ
                    力まず元気に生きていこうとされているそうです、
                   桜が満開の時をむかえ、
                       初夏にはあやめ公園として多くの人で賑わいます
                           駒ちゃんに逢いに!来てほしいです。
                    
                   
                  
                
[PR]
by hohsi | 2012-04-07 15:40