カテゴリ:美術鑑賞( 5 )

ねこづくし浮世絵展

a0220537_1173551.jpg

                 新春の三大美術展~ 鑑賞を残していた最後の美術展へ
                   「 あそぶ浮世絵 ねこづくし」と題されている通り」
                      にゃんとも(=^・^=)だらけの作品ばかり、約120点
a0220537_11142542.jpg

a0220537_11233168.jpg

                女性と猫が優美な競演を見せる美人画、奇想天外な化け猫図、
                  子供たちのための玩具絵など、今も変わらぬ猫への親しみや
                   愛情が伝わるものばかりの江戸の浮世絵
a0220537_11235122.jpg

                                       (パンフ参照)
                会場内は作品保護のため常の展示場に比べだいぶ照明を落としてありました
                  細かい作品に観終わった後は疲れを感じてしまいました・・・
                  「猫は人のふしぎな隣人です」 と パンフに書いてありました
                 
                 
                
[PR]
by hohsi | 2014-01-30 11:38 | 美術鑑賞

国宝・久能山東照宮展

a0220537_11194519.jpg

                新春恒例の三大美術展の内 最終日の二展を観賞して来ました
                   ~家康公 没後四百年~

         久能山東照宮に残る徳川家歴代将軍の武具や絵画・書・・・約50点が展示されていました
a0220537_11364144.jpg

                 展示品 「 瓔 珞 」
                   一昨年 神庫にて発見されて以来初めて公開されたそうです
                    近づいてしっかり見ました
             ** 「瓔珞 ようらく」 とは、仏様の装身具とか寺院の天井から下がっている装飾品を示す
                                   
                         飾りの多くに葵の文様が刻まれ、上の額内には神様を象徴した
                         黄金に輝く太陽を中心に、鳳凰・獅子・麒麟など想像上の獣が見守り
                         400年経っても色鮮やかさを保っている(パンフ参照)

                 
                 他に5代将軍綱吉が描いた「稼穡(かしょく)図屏風」の大作・・・
                   田植えにいそしむ人々や親子の戯れる様子が細やかに表現されていて
                   綱吉の違う一面を見た感じがしました。
a0220537_1252651.jpg

                こちらは美人画展~
                  お馴染み美人画・巨匠の秀作品から人物の表情や立ち居振る舞い、
                  着物の種類・色合いと背景の調度類・・・
                  新春気分で堪能してきました。
              

                               
                  
[PR]
by hohsi | 2014-01-14 12:12 | 美術鑑賞

視力6.0の世界

新潟の自然を壮大なスケールで~視力6.0の世界~
 「 写真家 天野  尚 」 写真展 を観賞してきました
a0220537_22214383.jpg

a0220537_22235650.jpg

               新潟県独特の風土からつくられた
                 山々・原生林・清流・棚田・潟・田園・海岸・・・
                 豊かな自然・生態風景写真を大判カメラで撮り続けている写真家です

               地球温暖化や環境破壊が進む今日、自然の記録とし未来へ伝えるべく
                 「新潟の風景遺産」の写真展であると・・・(パンフレット記載)

               会場には特大写真パネルを中心に400点以上展示されるスケールの大きさでした
                 いつも散策している 福島潟の写真も含まれてあり嬉しかったです。

               



                 
                
[PR]
by hohsi | 2013-09-12 10:15 | 美術鑑賞

草間 彌生展

a0220537_1021399.jpg
新潟市美術館で開催されている 「草間彌生~永遠の永遠の永遠」 展
 普段は少し暗いイメージの建物に感じている市の美術館ですが
a0220537_10133832.jpg

 入口から鮮やかな水玉模様に彩られ、等身大 ? の草間さんがお出迎え !
  赤いおかっぱヘァー がトレードマーク ?
a0220537_10171991.jpg

a0220537_10173166.jpg

ロビーでは巨大わんこの<リンリン>と <明日に咲く花>

                ~所々に写真撮影可能な作品コーナーを設けてある事も楽しめました~
a0220537_10265127.jpg

                水玉模様に染まる女性たち <水玉強迫>
                  幼い頃に水玉や網目模様の幻覚症状が現れた事が
                  創作の原点になっていると云う・・・
a0220537_10311379.jpg

                一面水玉の部屋 <チュウリップに愛をこめて、永遠に祈る>
a0220537_10333677.jpg

 
a0220537_10335758.jpg

a0220537_10341519.jpg

a0220537_10401235.jpg

                 こちらは中庭に展示されている<大いなる巨大なかぼちゃ>

                 
撮影禁止の展示室では音声ガイドを借り受けて解説を聴きながら鑑賞しました、
展示作品は100点程・・・抽象的なモチーフが綿密に描かれた作品が壁一面に掲げられ
 微生物 ? 細胞 ? の様にも見える作品の中に動物や少女の姿も描かれていたり
  とにかく摩訶不思議な作品の数々でした、

 現在の草間さんは80代になり制作の力は衰えることなく
      朝から晩まで絵を描く事に打ち込んでいるようです。
[PR]
by hohsi | 2012-12-15 11:01 | 美術鑑賞

美術展

a0220537_22105079.jpg

                                美術館 中庭

新潟市美術館にて 川端康成・東山魁夷
コレクション展を鑑賞

a0220537_22154691.jpg

         東山魁夷作品 ~ 緑 影 (パンフレット参照)

川端・東山 両氏は美に対しての価値観を語り合う親密な関係にあったといわれ
当展では、初公開の東山魁夷コレクションを含め、二人が蒐集した古今の名品が
展示されていました

a0220537_22275551.jpg

         坂口安吾 ~(新聞記事拝借)

川端康成のコーナーでは
新潟出身の坂口安吾とは犬好き同士として交友を深め
川端氏宛てにコリー犬を譲られた礼状や
太宰治の4㍍の巻紙に 「芥川賞」が欲しい」 と訴えた書簡など興味わく展示物の数々でした

a0220537_22432498.jpg

          横山大観 (耀八絋)
a0220537_22434485.jpg

          平山郁夫 (法隆寺)          加山又造 (白鷺)
a0220537_224464.jpg

          上松松園 (深雪の図)

こちらは過日 三越にて開催された日本画名品展
  「横山大観から平山郁夫まで」 と題された美術展
新春にふさわしい美しい名品の数々 目の保養 になりましたかどうか? ?
 
[PR]
by hohsi | 2012-01-23 23:06 | 美術鑑賞