カテゴリ:旅( 32 )

会津若松ぶらっと~七日町

a0220537_9372389.jpg

                会津城下七日町(なぬかまち) を散策
                  
                「みちのくの花の会津は酒どころ」歌われている様に
                   造り酒屋さんの多い会津です、その内の鶴の江酒造さん
                    ~ ブログのお仲間・seiboさんのご実家 ~
a0220537_1035627.jpg

 
a0220537_1041613.jpg
 
                七日町通りは、江戸時代に越後街道と下野街道、米沢街道が通る
                  城下で一番の繁華街だったのです、
                  古い建物や蔵を改造した店舗が目を引き
                  しっとりとした雰囲気が漂う町並みは我が県・村上にも
                  どこか同じ雰囲気を感じて歩きました
a0220537_103366.jpg

a0220537_10332372.jpg

                大きな杉玉と鬼瓦に見とれて立ち寄った 造り酒屋さん
                  
a0220537_10343987.jpg

                公開されている 酒造の蔵・嘉永蔵に併設の
                  「 クラシックカメラ博物館 」

                 明治以降の世界中のカメラ600台以上が左右のガラスケースに展示
                   興味の無い自身とは違い、夫は興味津々・・・

                   初めて手にしたカメラを見つけたり、現像機を懐かしんだり
                   「フイルム時代は楽しかった」
                  いつものセリフを又聞いてしまいました (笑)
                   

                                  
                  

                
                 
                 
                
                    
[PR]
by hohsi | 2013-10-02 10:54 |

会津若松 ぶらっと~鶴ヶ城

a0220537_106264.jpg

                思いついたが吉日 !  会津若松へ行ってきました
                  磐越自動車道で1時間30分位  真っ白い壁と赤い瓦の鶴ヶ城の元へ
a0220537_10222498.jpg

                暑い位のお天気・・・そして人出にびっくりしながらも
                 福島へ人々の足が向けられていることに他県者の自身も嬉しく感じました
a0220537_10262128.jpg

                各地の城を訪ねるとまず石垣に目が向きます・・・
                どの角度から見てもその積み上げは整然と成されています
                  会津人気質は折り目正しく、まじめで律儀とされていると聞いています
                  凛とした雰囲気の石垣と重ねあわせてしまいました
a0220537_10263888.jpg

                本丸と二の丸を結ぶ~廊下橋~
                 事有る時はこの橋を落とし敵の侵入を防ぐ、戦略的な橋
                 幾度も訪れている鶴ヶ城ですが、この橋を渡ったのは初めてでした。

                       
[PR]
by hohsi | 2013-10-01 10:51 |

成り行きでミニクラス会に!

 
a0220537_1654375.jpg
 
                   小学校時代の友人グループ4人と遊びに行きました~東京へ
                     
a0220537_16103339.jpg

                   こちらからの上京の旨を伝えると東京近辺在住者4人 集まってくれ
                     ミニクラス会となり、人混みの中をおしゃべりに夢中で
                     足が進まない者も居て大変 !

a0220537_2037337.jpg

a0220537_203808.jpg

                   スカイツリーのある街に住む友人の案内でツリーを右手に観ながら
                     葉桜になった桜並木の隅田川沿いを歩き、  一応ツリータゥンヘも
                     平日だと云う事を忘れさせるほどの人出は当然でしょう
                     テレビの番組撮りでしょう 人垣から覗いてみると俳優の筧さんです
a0220537_20401559.jpg

                   人混みから一転 坂の街 神楽坂へ足を伸ばし
                     人の通りも少ない細い小路を歩き
                     ゆったりした心地に・・・私好みの場所でホッとします

a0220537_16305060.jpg

                   灯りのともる頃 浅草仲見世に戻り今宵のホテルへ
a0220537_20454982.jpg

                   話題の場所を巡る二日間はあっという間でした
                     人混みをぬって歩く大変さは田舎へ戻るとホッとしますが
                     又行って見たくなる不思議な魅力の場所でもあります。
                   
                   
                 
                     
                  
                    
                    


                     
[PR]
by hohsi | 2013-04-20 10:58 |

山形県方面へ~古刹・慈恩寺

吹浦海岸付近から山形県のほぼ中央に位置する 「寒河江市」へ
  古刹・慈恩寺を拝観します
a0220537_20562955.jpg

a0220537_2132198.jpg

a0220537_2134793.jpg

                昼食時に入った蕎麦屋さんに簡単な道順を聞いたものの
                村の細い急な坂道をくねくね登る事しばし・・・・
                たどり着いた先には想像以上にどっしりとした山門が厳かに立っていました
a0220537_2142014.jpg

a0220537_21142661.jpg

a0220537_21162052.jpg

                重要文化財の「本堂」 は桃山時代の様式を残す茅葺屋根で
                 直径60㎝の太い柱と40㎝の柱が66本あります、これは
                 当時の日本は66ケ国あり、国家の安穏、万人の豊かな暮らしを願うことからです
 
                本堂・薬師堂には
                  国重要文化財指定の仏像が揃い安置されているようです
                  秘仏以外は拝観が可能~天井画など暫し見上げてきました
                  天井画には八方睨みの竜・六面の天女図が描かれています
a0220537_2140434.jpg

a0220537_21411452.jpg
 
a0220537_2141381.jpg
 
                 「三重塔」 (山形県指定文化財)
                   本堂と共に393年前 江戸時代の初め、山形城主・最上義光公が再建
a0220537_21465356.jpg
 
                 慈恩寺は祈願寺のため檀家は一軒もありません
                 修復費など経済的には今の時代大変な面もあると話されていました・・・

                 ぜひ鐘を突いて帰る様に勧められました
                 はてさて 煩悩の一部を削除できたかは???
とっても暑い午後でした、帰りに東根温泉で汗を流し帰宅しました。

               


                                   
[PR]
by hohsi | 2012-08-22 22:02 |

山形方面へ~神社・十六羅漢岩

a0220537_11285335.jpg

                「鳥海山大物忌神社」 山頂に御本社 本殿が在ります
                 登頂はなしていませんので ドライブコースを下山して
                 吹浦口の宮へ   一の鳥居をくぐり
a0220537_11361153.jpg

                    下拝殿へ    御朱印を受ける
a0220537_11383686.jpg

                 直立に近い程の急こう配の階段の先に本殿が
                     (昨日は筋肉痛でした・・・原因はここのため? )
a0220537_114033100.jpg

a0220537_11405568.jpg

                 拝殿と二棟並んだ本殿
                   大物忌神と月山神~二神を祀る

ここ吹浦でもう一か所寄りたい場所へ
a0220537_11532683.jpg

                 吹浦海岸
a0220537_11551654.jpg

                名勝 「十六羅漢岩」が日本海に突き出たかたちで在ります
a0220537_11571058.jpg

                 火山活動の活発だった頃、火口から流れた溶岩に刻まれたものです
                  風化が進みおぼろげになってきていますが
                  150年程の年月を海難事故・海上の安全を見守り続けて居るのでしょう
a0220537_1241291.jpg

                 去年の秋、夫が訪れた時の写真を見ていましたが
                 夏の海を背景にする羅漢像は
                     穏やかなお顔をされている様に 思って見て来ました。
                                 
[PR]
by hohsi | 2012-08-21 18:23 |

山形県方面へ ~鳥海山

 連日の暑さ 何処に居ても暑い・・・ならば出かけよう !
   高い場所へ行ったら少しは涼しいのでは ? 
   早朝のため道路標示気温 21℃ うーーん快適
a0220537_2244131.jpg

                                       (2011/10~撮影)
               秋田と山形の県境にそびえる 「鳥海山」  標高2236m 
                  裾野を広げた秀麗な山容は出羽富士・秋田富士と呼ばれています
a0220537_23124050.jpg

a0220537_2247253.jpg

a0220537_21193821.jpg

               山形県遊佐町吹浦から鳥海ブルーラインを利用
                  5合目鉾立までヘヤピンカーブを上がる
                  連なる山並みは遠目には緑のビロードを敷いた様に感じられ
                  次々と湧き上がり姿を変える雲に見とれます
a0220537_21284912.jpg

               登山入口からなだらかな傾斜道を見晴らし台まで登ってみる・・・
                 頂上目指す登山者を見送りながら周りの花々を楽しむ
                 夏山シーズン頂上までの道々にはさぞ豊富な高山植物を
                 目にすることでしょう
a0220537_21402828.jpg

                 「 ミヤマウスユキ草」
a0220537_22505075.jpg

                 「ハクサンシャジン」
a0220537_22521025.jpg

                 「チョーカイアザミ」
a0220537_22534199.jpg

                 「シモツケ」
 
a0220537_21413424.jpg

                眼下に広がるパノラマは秋田県側の青く美しい日本海です
                  
a0220537_21415825.jpg

                庄内側の風車群

                  爽やかな風を感じながら麓の神社へ 続く                 
               
[PR]
by hohsi | 2012-08-20 23:02 |

山の温泉地の六角堂

a0220537_2265781.jpg

                こちらは 新潟県妙高市 赤倉温泉に在る 「岡倉天心六角堂」です
              茨城から発信されている golfun さんのブログで度々紹介されています
              以前にこの地を訪れた折は何気なく見て居りました・・・
                あらためて見て帰りたいと思い立ち寄りました
a0220537_2216778.jpg

                岡倉天心が晩年に過ごした山荘跡に有志によって建てられた六角堂は
                 奈良法隆寺・夢殿 (天心の調査でその美術的価値が確立) を模したとされ、
                 金色の胸像が安置されていました 
a0220537_22262723.jpg
 
a0220537_22273272.jpg

                温泉地と妙高山を望む素晴らしい見晴らし好い自身の山荘にて
                1913年(大正2年)9月2日永眠 (遺言により五浦海岸にも分骨されています)

     ~ 岡倉天心六角堂を確認して帰路に着きました 。
              
[PR]
by hohsi | 2012-07-03 10:04 |

小布施へ立ち寄る

a0220537_2192085.jpg
                高峰高原で清々しい空気をいっぱい吸って名残り惜しみながら
                  下りの早いこと・・・下界 ? の暑いこと !
                
                 新潟へ進路をとりながら 小布施に立ち寄りました
                    この町はいつ来ても観光客で賑わっています
                 狭い範囲に何か所も見所が詰まっているところも魅力に成ってるのでしょうか
a0220537_21131156.jpg

                 小布施と言えば ゛ 栗 ゛ 栗の木も花盛り
a0220537_2116376.jpg

                 代表する栗菓子店の二階で昼食
                   大粒の栗が入った 「栗おこわ定食」
                    小鉢には ムカゴの味噌和え ・ 高野豆腐の煮しめ
                   栗の香りと甘さ・・・美味しかったです
a0220537_21251529.jpg

                 小布施ではここの美術館へも訪ねて観たかったのです
                  「 平塚 運一 」 小布施出身の版画家 ~ 残念ながら休館日でした
a0220537_21275417.jpg
 
                 美術館の傍にまだ低木の柿の木です
                  早く成長してここへ立ち寄る多くの人々の
                    関心が寄せられると好いと思いました。                    
                  
                     
                 
[PR]
by hohsi | 2012-07-02 13:39 |

高峰高原

a0220537_22132576.jpg

                 一泊したホテルを朝 早目に出発~市街地から約17㎞
             チェリーパークラインを走る事50分程 標高2000mの高峰高原へ
a0220537_22225049.jpg

a0220537_2223891.jpg

                駐車場に降り立つと上着を重ね着する程の気温差
a0220537_2230321.jpg

                 浅間山方向から霧が立ち込めて残念ながら望む事は叶いません
a0220537_22302471.jpg
 
                春から秋まではハイキング 11月から4月まではスノー・シーズン
                広いゲレンデはアサマ2000スキー場
a0220537_22304219.jpg

a0220537_2230574.jpg

                   ハクサンイチゲ   マイズル草 
                足元の草はらに咲き始めています、これから様々な高原の花が
                種類を増やして咲き始める事でしょう。             
[PR]
by hohsi | 2012-07-01 09:46 |

北国街道・海野宿

a0220537_2036554.jpg

                北国街道~海野宿を歩いて見ました  「本陣跡」
a0220537_2182397.jpg

a0220537_2052142.jpg

               海野宿は、佐渡の金を運ぶために小諸と越後を結んだ北国街道のひとつ、
               約650mにわたって海野格子と呼ばれる独特の格子を残す古い家並みが続く
a0220537_2053587.jpg

a0220537_20542374.jpg

a0220537_20545595.jpg

a0220537_20551630.jpg

                 海野宿の歴史は宿場から養蚕の村へ
                 家並みにより歴史の移り変わりも伺われます
             
                    ユニークな店も~草花が綺麗  好く育って !
                               それもそのはず ?  藍染めの陶器をご覧あれ 


  
[PR]
by hohsi | 2012-06-30 09:11 |