カテゴリ:旅( 32 )

小諸城址~懐古園

a0220537_22261198.jpg

a0220537_22264960.jpg

                 白鶴城・酔月城と呼ばれた小諸城の跡 懐古園内を散策
              「三 の 門」
                  二層の城門、創建は1615年  その後大洪水により流出  再建は1765年、
                  正面の「懐古園」の扁額は徳川家達の筆による 国重要文化財
a0220537_22543224.jpg

                  三の門料金所にて受付を済ませ園内へ
                  二の丸・南・北丸跡を通り抜け
a0220537_2342064.jpg

              「黒 門 橋」  そろばん橋と言い、空堀である紅葉谷に架けられている
                        秋の紅葉は素晴らしい事でしょう

a0220537_239189.jpg
a0220537_23115873.jpg
 「荒神 井戸」  城内唯一の井戸 と
      「大ケヤキ」 樹齢推定 500年
a0220537_23171310.jpg

a0220537_11484441.jpg

              小諸市立 「藤村記念館」 「藤村 詩碑」 小諸時代の藤村がしのばれる

a0220537_23292854.jpg

              「天 守 台」   三層の天守閣が在ったが、寛永3年に落雷で焼失
                         その後は徳川幕府の政策で再建されず
 
a0220537_1143976.jpg

                        全国でも数少ない自然石の野面積みの石垣

               苔むした石垣と大樹の緑が深く、
            木陰に入ると風の爽やかさにゆっくり散策を楽しみました。


                
[PR]
by hohsi | 2012-06-29 09:23 |

信州小諸へ

a0220537_1052638.jpg

 [歴史と文化と坂のある高原の城下町
   島崎藤村~千曲川旅情のうた に詠まれた詩情豊かな町]
      ~信州 小諸マップにはこの様に表現されている 小諸を歩いてきました
a0220537_10525019.jpg

                市立 「小諸高原美術館・白鳥映雪館」
              小諸・佐久平を眼下に清々しい高原に建つ美術館
                小諸版画作家展と国画展受賞作品展開催のため夫の希望で来館

a0220537_11241663.jpg
 梅雨の中休み期間だったのか ?  28~9度、思いのほか暑い二日間でした
   ??  見覚えのある文字・・・・思いがけない所で本家本元から観光に来たようです
   懐古園 ~ 高峰高原・小布施へ 順次UPしますから見てください 
                
              

                              
[PR]
by hohsi | 2012-06-28 11:31 |

国立新美術館へ

a0220537_21552849.jpg

      国立新美術館 カフェテラスからの眺め
                広々とした空間に座っていると都会の真ん中に居る事を忘れそうです
                今年も運好く夫は作品を出品することが叶い
                私もまたこの場所に来ることが出来ました
a0220537_2212293.jpg

                部門毎に膨大な作品の数々
                 大勢の方々が日々切磋琢磨努力されている事に感動します
a0220537_22171755.jpg

                 赤坂TBS 界隈を散策 
                   高いビル群と人の波・・・一年に一度 この刺激も心地好く感じたところです
                   お付き合いいただいたbelage さんにも感謝しながら二日間の旅を終えました
                   

                
[PR]
by hohsi | 2012-05-12 17:48 |

 久々に鎌倉へ

a0220537_2112421.jpg

                 幾たびか訪ねている鎌倉~4年ぶりに訪ねることができました
                 初めてブログなるものを知ったリログ村時代からのお仲間に会いに
                      突然の申し出を快く受けてくださったのです

a0220537_2115373.jpg

              新緑の深まってきた森に囲まれた寺院~普段見かけない花々に目は向けていますが
                 お二人に会えた嬉しさでカメラを向けるのを忘れています
                   (その証拠に戻ってから確認すると何枚も撮っていませんでした)
a0220537_212317100.jpg

           住み慣れた人だけが知る道
                        観光客は誰も歩いていません
a0220537_21272588.jpg

                 自転車で隈なく走っている湘南ジージさんも初めての様子
a0220537_21292324.jpg

                 妙本寺の山門で時の経つのも忘れて話し続けました
a0220537_21313074.jpg

                 お寺の猫・ももえちゃんに優しく語りかけるEPOM さん
a0220537_2139345.jpg


                 楽しい時間はどうして早く過ぎるのでしょう
                  素敵な鎌倉夫人&湘南ボーイのお二人との1日でした。
                                  
[PR]
by hohsi | 2012-05-11 21:41 |

紅葉の会津鶴ヶ城

a0220537_2054398.jpg
a0220537_20561468.jpg
 
      紅葉の会津・東山温泉へ旧友4人で行ってきました、
       折角会津へ来たのでseiboさん
       のご実家の在る七日町の町並みを
       歩いて見たかったのですが
       今回は観光をあきらめ
       温泉に浸かり、食べて・・おしゃべりの一夜でした

a0220537_2152562.jpg


       秋空にくっきり 鶴ヶ城
        の名で親しまれている会津の若松城です
       
a0220537_21452318.jpg


a0220537_21194864.jpg


a0220537_21111177.jpg


天守に登ると、会津の平野が一望出来るのですが・・・

a0220537_21173979.jpg
 

a0220537_2118978.jpg
 

a0220537_21461211.jpg


a0220537_21182990.jpg
 

a0220537_21203326.jpg


      城下町として発展した会津若松は、戦国末期から近世初期にかけて
       名だたる名将が治め、幕末には激動の歴史舞台となった会津の中心地です
       何度も訪れている会津、又ゆっくりと歩いて見たくなりました。
           

     
               
[PR]
by hohsi | 2011-11-17 21:47 |

駆け足で巡った世界遺産(3)


  中尊寺・金色堂
a0220537_17113858.jpg


    「本堂」ご本尊は阿弥陀如来様

   12世紀初め奥州藤原氏初代清衛公は合戦等で亡くなった
  命を平等に供養し、仏国土を建設するため大伽藍を造営しました

a0220537_1728833.jpg


   惜しくも14世紀に堂塔の多くは焼失しましたが、金色堂を始め
  三千余点の国宝・重要文化財を伝える平安仏教美術の宝庫とされている

a0220537_17293061.jpg


     「国宝・金色堂」風雨から守る覆堂

a0220537_17295570.jpg


   金色堂内部はもちろん撮影禁止でしたが、堂全体を金箔で覆い
  皆金色の極楽浄土を現世に表し、螺鈿細工・蒔絵などの漆工芸や
  精密な彫金で荘厳され、平安仏教の最高峰をなしているとのことです

a0220537_17421423.jpg


a0220537_17424812.jpg


     金色堂のそばに建つ 「経蔵」
   中尊寺経を納めていたお堂、平安時代の古材が髄所に用いられている

     このお堂前のモミジはイロハモミジとの事で真紅に色づくと
     境内一の秋の風情と云われているそうですが上手く撮れていませんでしたが
     屋根のシャープさに見とれてきました


a0220537_17533621.jpg


a0220537_17541250.jpg


     境内の巨木の元にひっそりとお地蔵様
    そろそろバスへ戻る時間が迫ってきました
    まだまだ興味引かれるものを感じながら後ろ髪惹かれる思いで
    月見坂を小走りで駆け下りました
     駆け足で巡った世界遺産お付き合い有難うございました。


     

     

   
[PR]
by hohsi | 2011-11-13 18:05 |

駆け足で巡った世界遺産(2)

  
   「毛 越 寺 ・浄土庭園」

a0220537_19374688.jpg


           国の特別史跡・特別名勝の二重指定地とされている

              
a0220537_19435183.jpg


           「 本 堂 」は平成元年に再建
             毛越寺一山の本坊
           本尊薬師如来・脇士日光・月光両菩薩を安置

a0220537_19511167.jpg


a0220537_19514314.jpg


           広大な境内には、かつて幾つもの仏堂舎が並び、
           その前庭に大泉ヶ池を中心とする浄土庭園が配されていました

           現在は本堂・常行堂・開山堂の他は
            石組み・基壇・礎石・土塁が残されているだけとなっている

a0220537_2072682.jpg


           約2・5mの立石が据えられ荒磯の風情を表現
            毛越寺庭園を象徴する風情とされている

a0220537_20834.jpg


a0220537_2016232.jpg


          「常行堂」1732年再建された建物

a0220537_20242058.jpg


          「開山堂」毛越寺開山慈覚大師を祀るお堂
               他に藤原三大の画像を安置

a0220537_20291447.jpg


           山水を池に取り入れるための水路 「遣水」
            谷川を流れ下りさらに蛇行しながらゆったりと
            平野を流れる川の姿を表現している
            水底には玉石を敷き詰められています

a0220537_20395379.jpg


           「夏草や 兵どもが 夢の跡」
            松尾芭蕉は元禄二年(1689)訪れ、
            悲運の源義経をしのび この句を詠んだと云われ
            園内に句碑もありました  
(説明文はパンフレットも参考にしました)           

           
[PR]
by hohsi | 2011-11-12 20:54 |

駆け足で巡った世界遺産(1)

  岩手県・平泉へ訪ねてみたいと以前から思い続けていました
  世界遺産へ正式に登録を受け、その思いは一層深まり
  移動距離数とその時間に少し不安も感じましたが決行・・・
  最良の秋日和に恵まれた一日となりました、

     厳美渓 ・ 毛越寺 (浄土庭園)・ 中尊寺 と順次見て下さい


a0220537_10441952.jpg
 

     山形~宮城~岩手へと高速道を乗り継ぎ 岩手県一関市に到着
        栗駒山を水源とする全長2kmの渓谷「巌美渓」を散策

a0220537_10585084.jpg

            
           自然園遊歩道を散策

a0220537_111065.jpg


           渓谷沿いにはモミジの紅葉一色
           ♪♪ 秋の・・照山モミジ 濃いも 薄いも 数ある中に~

a0220537_118678.jpg


           御覧場橋 (吊り橋)

a0220537_11103433.jpg


a0220537_11122063.jpg


           古くから景勝地として親しまれ、一帯を治めた伊達政宗も
           この地を賛美し、近代では多くの文人なども訪れ
           都として栄えた平泉にも近いため岩手県南部の観光地として
           人気があるようです

a0220537_11322593.jpg


           渓谷の名物の一つ「空飛ぶだんご」
a0220537_11244138.jpg


           渓谷をワイアーロープでつないだ籠が店と注文客の間を
           行き来しています、籠に代金を入れ合図の板をコンコンと
           叩くと対岸の店から団子が降りてきます

a0220537_11412339.jpg


a0220537_11465362.jpg


           時間制限のあるバスツァーは見たり、撮ったり大忙し・・・           
[PR]
by hohsi | 2011-11-11 11:48 |

銀山温泉


      庄内からの帰路、ふっと思い付きで国道号線を変更

        ガス灯に明かりが灯る温泉街 「銀山温泉」

          以前から一度見たかった風景でしたので・・・


a0220537_14414633.jpg



      暗闇の道を進むとパッと谷間の様なそこだけが

             柔らかな灯かりにつつまれた温泉街でした

a0220537_14464661.jpg


      銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけて建築の旅館が立ち並びます

       当時としてはモダンな三層四層の木造バルコニー建築が見られます

      開湯は寛永年間との事ですが

       テレビ小説「おしん」の舞台になった事から有名になったようです。

a0220537_14564727.jpg


          版画作品~ 雪国の宿

    (雪景色の温泉街もなお素敵でしょう、行きたい願望で以前作品にしていました)


庄内の旅何日も見ていただき有難うございました、終りです。
[PR]
by hohsi | 2011-08-29 15:02 |

出羽三山・三神合祭殿

a0220537_21394377.jpg

     
      
a0220537_21551290.jpg


       「三 神 合 祭 殿」

   月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した日本随一の大社殿と言われている


a0220537_21593237.jpg


a0220537_2159564.jpg


    厚さ 2.1mの茅葺屋根、総漆塗りの内部など迫力を感じます

a0220537_2223144.jpg


a0220537_2225164.jpg


     大 鐘 は 鎌倉期の物で重要文化財指定

  片道2446段 を登り切った先に山頂の 三神合祭殿が在りますが

  五重塔見学の後引き返し、車で合祭殿へ楽をしてしまいました

  はてさて、ごりやくは??





         
[PR]
by hohsi | 2011-08-28 22:21 |