<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

クルクル変化のお天気

a0220537_22215439.jpg


先週はにわかの冬型天候に面食らっていましたが、
日中は晴れ間の広がるここ2日間でした

上京していた夫は用心して薄着で行ったにもかかわらず
コートが邪魔だったと大ぼやきで帰宅しました 

a0220537_22403785.jpg


a0220537_21595361.jpg


今頃になって小庭の草花で元気をだして花を咲かせているものも、
花を見れるのは嬉しい事ですが・・・

a0220537_22384475.jpg


黄色のセイタカアワダチソウも綿毛に変わってきました。
[PR]
by hohsi | 2011-11-29 22:46 | 花・木々

お天気は嬉しい

a0220537_2136076.jpg


今朝7時頃の空、
しだいにお天気になり、穏やかな陽気の一日になりました
やっぱりお日さまはありがたいですね

a0220537_2147465.jpg


硬い蕾で買った黄色のバラ三本
今日の暖かさですっかりほころびました。
[PR]
by hohsi | 2011-11-26 21:55 | 花・木々

冬型の天候です

a0220537_14322219.jpg


昨日の強風はおさまりましたが気温が午後になっても上がりません、
12月の中旬から下旬の冷え込みの様です
公園も寒そうな雰囲気に変わりました

a0220537_14384088.jpg


この池に何年も棲み付いている一羽の白鳥
カモたちの数も増えて来ているので春までほっとしているでしょうか

a0220537_1444287.jpg


クサギの実がまだ残っていました、すっかり実を落とすのも時間の問題ですが・・

これからの新潟の冬空は灰色の日が多く、雨がしだいに雪に変わり
降り積もった雪は水気を含んだ重たい雪なのです、

今年は県内各地へ太平洋側福島県から多くの方が移動されています
同じ冬でも晴れ日が多く、積雪も少ない福島から雪国へ・・・
初めての冬を向えなければならない方々の事を思うこの頃です

もちろん、 雪国も嫌な事ばかりではありません。
[PR]
by hohsi | 2011-11-25 14:59 | 風景

二王子山ふもとの稲荷神社

a0220537_10155792.jpg

二王子山ふもとの村に在る大友稲荷神社・・・久しぶりに立ち寄ってみました

京都伏見の稲荷大社の分霊を招請、創建されたと伝えられているそうです

a0220537_1022396.jpg


a0220537_10295385.jpg


二月初午には県内外からの家内安全・商売繁盛を祈願し参拝者が訪れます
以前訪れた時に比べ奉納された鳥居も年数の経過を感じ、
一人では奥へ進めない雰囲気を感じました(ブルッ)

a0220537_1030243.jpg


お稲荷さんには必ず赤い鳥居と狐さんですね、
赤いケープを着せてもらっていました
御決まりの巻き紙をくわえて・・





  
[PR]
by hohsi | 2011-11-23 10:39 | 風景

二王子山の麓へ

a0220537_11404922.jpg

 昨日UP の二王子山(にのうじ)は我が町の北に位置し、常に視界に入っていますのに麓の村や神社を一度も訪ねた事がありませんでした

a0220537_11503113.jpg


一週間前の晴れた日、山に向って車を走らせました

a0220537_1155024.jpg


街から12㌔・・・細い山道をゆっくり進んだ先の登山口の麓に二王子神社が鎮座していました

a0220537_11592556.jpg
 

a0220537_11595262.jpg
 

a0220537_1204828.jpg
 

日本200名山 標高 1420、3m 
登山はとても無理ですが数メーター山道を歩いてみました

a0220537_1251036.jpg


a0220537_1265547.jpg


サルが杉木立に見え隠れしています

a0220537_1293558.jpg


a0220537_1210588.jpg


駐車場には何台も登山者の車がありました
空気は山独特の引き締まるものを感じます、春5月には山開き・・・
山桜の咲く頃に又訪れてみたくなりました。
[PR]
by hohsi | 2011-11-20 19:30 | 風景

白いベール

a0220537_21553693.jpg


     17日~18日にかけて山並みに白くベールがかかりました
       日本一小さな山脈・櫛形山脈の上に標高の高さの順に山々が連なります

a0220537_2157359.jpg


一枚目の写真右は「二王子山」まだ地肌が見えています
       二筋の線はスキー場のゲレンデ

a0220537_21583032.jpg


 左に真っ白に見えるのは「飯豊山」



a0220537_21483617.jpg


a0220537_2215834.jpg


白鳥の姿を見かける範囲もずいぶん広がっています

a0220537_21512827.jpg


     里に初雪がやってくるのも間近でしょうか?
[PR]
by hohsi | 2011-11-19 22:06 | 風景

紅葉の会津鶴ヶ城

a0220537_2054398.jpg
a0220537_20561468.jpg
 
      紅葉の会津・東山温泉へ旧友4人で行ってきました、
       折角会津へ来たのでseiboさん
       のご実家の在る七日町の町並みを
       歩いて見たかったのですが
       今回は観光をあきらめ
       温泉に浸かり、食べて・・おしゃべりの一夜でした

a0220537_2152562.jpg


       秋空にくっきり 鶴ヶ城
        の名で親しまれている会津の若松城です
       
a0220537_21452318.jpg


a0220537_21194864.jpg


a0220537_21111177.jpg


天守に登ると、会津の平野が一望出来るのですが・・・

a0220537_21173979.jpg
 

a0220537_2118978.jpg
 

a0220537_21461211.jpg


a0220537_21182990.jpg
 

a0220537_21203326.jpg


      城下町として発展した会津若松は、戦国末期から近世初期にかけて
       名だたる名将が治め、幕末には激動の歴史舞台となった会津の中心地です
       何度も訪れている会津、又ゆっくりと歩いて見たくなりました。
           

     
               
[PR]
by hohsi | 2011-11-17 21:47 |

駆け足で巡った世界遺産(3)


  中尊寺・金色堂
a0220537_17113858.jpg


    「本堂」ご本尊は阿弥陀如来様

   12世紀初め奥州藤原氏初代清衛公は合戦等で亡くなった
  命を平等に供養し、仏国土を建設するため大伽藍を造営しました

a0220537_1728833.jpg


   惜しくも14世紀に堂塔の多くは焼失しましたが、金色堂を始め
  三千余点の国宝・重要文化財を伝える平安仏教美術の宝庫とされている

a0220537_17293061.jpg


     「国宝・金色堂」風雨から守る覆堂

a0220537_17295570.jpg


   金色堂内部はもちろん撮影禁止でしたが、堂全体を金箔で覆い
  皆金色の極楽浄土を現世に表し、螺鈿細工・蒔絵などの漆工芸や
  精密な彫金で荘厳され、平安仏教の最高峰をなしているとのことです

a0220537_17421423.jpg


a0220537_17424812.jpg


     金色堂のそばに建つ 「経蔵」
   中尊寺経を納めていたお堂、平安時代の古材が髄所に用いられている

     このお堂前のモミジはイロハモミジとの事で真紅に色づくと
     境内一の秋の風情と云われているそうですが上手く撮れていませんでしたが
     屋根のシャープさに見とれてきました


a0220537_17533621.jpg


a0220537_17541250.jpg


     境内の巨木の元にひっそりとお地蔵様
    そろそろバスへ戻る時間が迫ってきました
    まだまだ興味引かれるものを感じながら後ろ髪惹かれる思いで
    月見坂を小走りで駆け下りました
     駆け足で巡った世界遺産お付き合い有難うございました。


     

     

   
[PR]
by hohsi | 2011-11-13 18:05 |

駆け足で巡った世界遺産(2)

  
   「毛 越 寺 ・浄土庭園」

a0220537_19374688.jpg


           国の特別史跡・特別名勝の二重指定地とされている

              
a0220537_19435183.jpg


           「 本 堂 」は平成元年に再建
             毛越寺一山の本坊
           本尊薬師如来・脇士日光・月光両菩薩を安置

a0220537_19511167.jpg


a0220537_19514314.jpg


           広大な境内には、かつて幾つもの仏堂舎が並び、
           その前庭に大泉ヶ池を中心とする浄土庭園が配されていました

           現在は本堂・常行堂・開山堂の他は
            石組み・基壇・礎石・土塁が残されているだけとなっている

a0220537_2072682.jpg


           約2・5mの立石が据えられ荒磯の風情を表現
            毛越寺庭園を象徴する風情とされている

a0220537_20834.jpg


a0220537_2016232.jpg


          「常行堂」1732年再建された建物

a0220537_20242058.jpg


          「開山堂」毛越寺開山慈覚大師を祀るお堂
               他に藤原三大の画像を安置

a0220537_20291447.jpg


           山水を池に取り入れるための水路 「遣水」
            谷川を流れ下りさらに蛇行しながらゆったりと
            平野を流れる川の姿を表現している
            水底には玉石を敷き詰められています

a0220537_20395379.jpg


           「夏草や 兵どもが 夢の跡」
            松尾芭蕉は元禄二年(1689)訪れ、
            悲運の源義経をしのび この句を詠んだと云われ
            園内に句碑もありました  
(説明文はパンフレットも参考にしました)           

           
[PR]
by hohsi | 2011-11-12 20:54 |

駆け足で巡った世界遺産(1)

  岩手県・平泉へ訪ねてみたいと以前から思い続けていました
  世界遺産へ正式に登録を受け、その思いは一層深まり
  移動距離数とその時間に少し不安も感じましたが決行・・・
  最良の秋日和に恵まれた一日となりました、

     厳美渓 ・ 毛越寺 (浄土庭園)・ 中尊寺 と順次見て下さい


a0220537_10441952.jpg
 

     山形~宮城~岩手へと高速道を乗り継ぎ 岩手県一関市に到着
        栗駒山を水源とする全長2kmの渓谷「巌美渓」を散策

a0220537_10585084.jpg

            
           自然園遊歩道を散策

a0220537_111065.jpg


           渓谷沿いにはモミジの紅葉一色
           ♪♪ 秋の・・照山モミジ 濃いも 薄いも 数ある中に~

a0220537_118678.jpg


           御覧場橋 (吊り橋)

a0220537_11103433.jpg


a0220537_11122063.jpg


           古くから景勝地として親しまれ、一帯を治めた伊達政宗も
           この地を賛美し、近代では多くの文人なども訪れ
           都として栄えた平泉にも近いため岩手県南部の観光地として
           人気があるようです

a0220537_11322593.jpg


           渓谷の名物の一つ「空飛ぶだんご」
a0220537_11244138.jpg


           渓谷をワイアーロープでつないだ籠が店と注文客の間を
           行き来しています、籠に代金を入れ合図の板をコンコンと
           叩くと対岸の店から団子が降りてきます

a0220537_11412339.jpg


a0220537_11465362.jpg


           時間制限のあるバスツァーは見たり、撮ったり大忙し・・・           
[PR]
by hohsi | 2011-11-11 11:48 |